神奈川でマンション改修を経験しました

マンションの資産価値を維持する外壁の改修工事

中高生の子ども達の教育や通学のことも考え、上の子が小学生に上がるタイミングで家を購入しました。
一戸建ては庭の管理が面倒に感じたので、マンションを購入することにして探していました。
子ども達の通学のことが一番気になっていたので、小学校が近くにあり、高校進学のことを考えると駅からも近い場所が理想的です。
神奈川県内にも色々なエリアがあり、どこを選ぶか迷いぬきましたが、田舎過ぎない緑のある郊外でノビノビと子育てをしたかったので緑が多い郊外で購入しました。
幸い徒歩10分以内の場所に小学校もあり、最寄駅も徒歩で15分程です。
バスや自転車を利用すると駅まではすぐなので、立地も気に入りました。
マンションは新築でしたのでどこもかしこもピカピカで、不満はありません。
ベランダも広く、子ども達が小さい時は一緒にミニトマトやハーブを育てて家庭菜園も楽しみました。
そのように快適に過ごしてきましたが、遂に初めて改修が行われることになりました。
改修はマンションに住んでいる以上避けて通ることは出来ません。
確かに購入時は新築で光り輝いていた外壁も、10年ほど経過した現在では劣化していると言わざるを得ません。
細かなところも劣化しているところがたくさんあり、資産価値を下落させないためにも改修しなければならないということでした。
そのために月々修繕積立金を支払っているので、改修することに不満も文句も全くありません。
むしろして貰った方が良いという考えです。

マンションの資産価値を維持する外壁の改修工事カーテン必須の毎日工事中のデメリット